料金を高くする原因はトラックの荷台を大きく締めてしまう大きな荷物です。

hondana

この荷物をどうやって処分するか安く運ぶかという事になるのですが、

 

処分する方法でベーシックなのは、

  • リサイクルショップ(自宅見積もりがお勧めです。)
  • オークションで売却(送料の方が高くつく場合あり。)
  • 引っ越し業者の不要品買取サービス(引っ越しを依頼しないと受け付けてもらえない)
  • 自治体での処分(自身で運べない場合は引き取り費が必要)

が挙げられます。

 

処分するのはもったいないし、運賃も安く済ませたい場合では、
業者の複数見積もり+輸送方法や時間帯を選ぶという方法も挙げられます。

 

輸送方法では、一般的にトラックでの貸し切り輸送が代表ですが、
この方法だと長距離になればなるほど、費用はかさみます。(料金の計算方法が距離で加算されていくシステムです)

 

これは引越し業者でも運送業者でも変わりません。

 

複数の大型家具があればそれだけ料金がプラスされていくので、異常な料金になってしまうこともあります。

 

そこでお勧めなのが、輸送方法ではコンテナ便や、帰り便、混載便、また時間帯では暇な日に合わせるもしくはフリープランを活用する方法があります。

もし、荷物の中で大きな家具が多い場合ではあれば安くするためにこちらのサイト内容を確認してください。
引越し 家具

(家具の引越しを安くする方法だけではなく、料金の相場や安い業者を簡単に発見する方法を掲載)

色んな方法があるので条件にマッチした方法を見つける必要があります。

 

 

引っ越しが初めてまたは慣れていない方だと、良く分からず全て業者に運んでもらってしまうため、費用が高くつき、見積もり額を見てびっくり!っていう方も多いんです。

 

 

一方で転勤族の方のような慣れている人は荷物を少なくすればそれだけ費用も下がる事を分かっているため、運べる荷物は自分で運び、大型だけを専門業者にお任せする方法を選択しています。

 

 

業者も需要がある為、大型のみプランを多く採用していますので色んな業者のサービスを確認してください。

 

大手が良い中小は悪いと決めつけず、見積もりだけはタダなので時間を惜しまず、話だけでも聞いてみる事をお勧めします。

1万円、2万安くなれば見積もりを多く取っておいてよかったとなる訳ですし。

 

また、全く知らなかった業者に見積もりをお願いしたけど、実際には大手よりサービスも良く料金も安かったという嬉しい現象も毎年のように起こっています。